FC2ブログ

バリアフリーの住まいづくり +日々雑感

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合板という材料 PART2

住宅によく使われる合板という材料のデメリットについての
続きです。

2)耐久性
合板は、材木を薄くむいたものを、接着剤で張り合わせたものだと
お話ししました。

合板は、水分を吸うと、
非常に短期間で劣化します。

ぶよぶよした感じになってしまうのです。
だから、屋外で使う場合は、
必ず、直接雨露がかからない
状態にしてあげないといけません。

外壁や屋根の下地材としても
よく合板をつかっていますが、
あくまで防水紙と呼ばれる
保護材で覆ってつかうので、
直接水が入り込むことは
ありません。

ただ、そうは言っても半永久という
ことでもないのです。

合板の寿命は
20~30年と言われていて、
それ以上になると
強度は徐々に落ちていく可能性があります。
(20年経ったからといって、急に劣化していくわけでは
ないと思いますが)

実際のところ、
合板の耐久性に関しては
それ以上長期間のデータも
不十分なようです。

今、政府は長期優良住宅といって
100年以上持つ住宅を
建てることを推進しています。

しかし、合板を使うなとは
言っていません。

ここらに、矛盾を感じます。

寺社仏閣などであれば、
何百年も前の建築物があったりしますが、
何十年かごとに、かなりの大規模な
修繕工事を繰り返してのことです。

一般住宅でそこまで
大げさな補修工事をすることは
まれでしょう。

今の段階では、合板を使うことはある程度
やむをえない現実的手段だと思います。

だから、
この家は、長期優良住宅だから100年持ちますとか
安易に言う風潮は、ちょっと疑問視しています。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sunnyplace9244153.blog81.fc2.com/tb.php/203-21ce5f14

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ごあいさつ


ようこそサニープレイスのブログへ。
バリアフリーの住まいづくりに関する情報や住宅にまつわる諸々の話、また日々感じた事などを勝手気ままに綴ってゆきますので、よろしくお付き合い下さい。

投稿者:岡村英樹
投稿者の詳しいプロフィール



ウェブサイトへのリンク

カテゴリ

タグ

注目記事

月別アーカイブ

カレンダー


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

Google

WWW検索 ブログ内検索

RSSリンクの表示

著書

アクセスカウンター

QRコード

QR

会社案内


有限会社 サニープレイス

兵庫県神戸市西区王塚台7-71-1
TEL:078-924-4153
FAX:078-924-4151

http://www.sunny-p.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。